まちの駅とは?

まちの駅は、無料で休憩できるまちの案内所です
公共施設から個人商店まで既存空間を利用し、地域情報を提供し
交流を促進させる場です。「おもてなし」の地域を目指しこれらの
施設(駅)をネットワークする取り組みが各地で進められています

地域住民や来訪者が求める地域情報を提供する機能を備え、人と人の出会いと交流を促進する空間施設です。
また、まちづくりの拠点となり、まちとまちをつなぐ役割を持つものです。
人と人をつなぐ場であるということから、ヒューマンステーションと呼ぶことができます。
それぞれの「まちの駅」には活動テーマがあり、そのテーマを連携させることで、 豊かなまちづくりに貢献することができます。
人々が運営する諸施設のテーマには、福祉、医療、アート、教育、スポーツ、観光、農業、海など、
様々なものがあります。「道の駅」はドライバーの休憩拠点というのが大きなテーマであり、
「道の駅」も「まちの駅」のひとつと考えることができます。
「まちの駅」は、テーマとテーマをつなぐ場であるということから、テーマステーションと呼ぶことができます。
「まちの駅」は主に、既存施設を活用して設置することを想定しており、
その設置・運営主体は行政・民間を問いません。
行政版の「まちの駅」と、民間版の「まちの駅」が連携することで、大きなネットワークができます。
民間版の「まちの駅」にこそ自由な工夫が許されるといえます。